設計コンセプト

当共済会は、現場ニーズを踏まえ、以下のコンセプトで新しいカタチの賠償補償を提供します。

1.歯科医師個人のみならず、医院全体(≒経営)を守る。
※自費診療の進展と治療の高度化に伴い、患者に対する総合力が求められるこの時代。賠償補償は、歯科医師個人だけでなく、スタッフ全員に対して必要である。

2.補償金のみならずクレームに対する初期相談~解決まで任せられるサービス体制を提供する。
※繊細で高度な治療を行うドクターのクレーム対応に伴う精神的負担を軽減し、治療に専念できる環境を提供することが強く求められており、そのニーズに応える。

3.審美治療分野やクレームレベルにも補償対応する。
※患者が歯科治療に求めるニーズの多様化に伴って、カバーすべき補償範囲を広くすることが現場サイドから求められており、そのニーズに対応する。img2013001

Facebook