個人情報保護方針

個人情報保護の取り扱いについて
本会は、よりよいサービスの提供を目指して、会員からお預かりする個人情報を、細心の注意をもって取り扱い、安全・正確性・気密性の確保に努めてまいります。
本会は、個人情報の取扱いについて下記のとおり方針を定めております。
1. 本方針について
本会が取得した会員の個人情報の取り扱い方針を定めるものです。
2. 個人情報の取得について
本会は、業務上必要な範囲内で、適法かつ公正な手段により、個人情報を取得します。
本会は、各種ご契約の申込書、お問い合わせ、ご相談、アンケートなどにより、個人情報を取得します。また、各種お問い合わせ等において、通話内容の録音などにより、個人情報を取得することがあります。
3. 個人情報の利用目的について
本会は、下記目的のために、会員の個人情報を利用いたします。
① 各種共済契約のお引き受け・ご継続・維持管理
② 共済金等のお支払い
③ 本会、協賛会社および提携先会社等の各種商品・サービスのご案内・提供、維持管理
④ 引受補完をする民間損害保険会社に対する通知、保険金の請求
⑤ 本会業務に関する情報提供・運営管理、商品サービスの充実
⑥ その他共済事業に関連目付随する業務
4. 事故・訴訟等の機微(センシティブ)情報の取扱いについて
本会は、事故・訴訟等の機微(センシティブ)情報の利用目的を、業務の適切な運営管理と、その他必要と認められるものに限定しています。また、機微(センシティブ)情報については、限定している目的以外では利用いたしません。
  
5. 個人情報の安全性
会員の個人情報につきましては、社外への流出、紛失などを防止するため、安全の確保に努めます。
6. 個人情報の開示等
本会で取得している会員の個人情報の開示につきましては、ご本人であることを確認させて頂いた上で、対応させて頂きます。  
7. 共済契約が締結に至らなかった場合や共済期間終了後の情報の取扱いについて  
本会が本共済契約申込み等において取得した個人情報は、共済契約が締結に至らなかった場合や退会・満了等により共済契約が消滅した後も、各種共済契約のお引受けの判断、共済統計の作成、共済事業の適切な業務運営の確保を目的として保持し、取得した申込書類について返却は致しません。
8. 法令遵守
本会は、個人情報保護法ほか法令、条例等の規範を遵守し、継続して個人情報保護に取り組みます。
  
9. 見直しと改善
本会は、社会環境などに応じ、本方針を見直し、改善して参ります。  
10. ご質問及びご苦情の窓口
本会における個人情報の取り扱いに関するご質問やご苦情に関しては、下記の窓口にご連絡ください。
住所 〒101-0053 東京都千代田区神田美土代町9番地 日経タイプビル2F
歯科リスクマネジメント共済会 個人情報保護相談窓口
電話番号 03-5280-7095
    (受付時間:午前9時~午後5時、土日祝祭日及び年末年始を除く)

経営応援プログラム

会員の先生方限定のサービスです

1.「治療説明書・同意書」ダウンロードサービス

  治療説明書・同意書の一部をご紹介します。

・インプラント手術説明書・同意書
・歯列矯正治療説明書・同意書
・ホワイトニング治療説明書・同意書
・ヒアルロン酸注入説明書・同意書
・埋伏抜歯手術説明書・同意書
・歯内療法(歯神経の治療)説明書・同意書
・歯根破折に対する治療説明書・同意書
・セラミック冠の説明書・同意書
・小児歯科説明書・同意書
・治療費回収文書  等

consent form

※ 同意書は「会員様専用サイトよりダウンロードできます」 

 

 

2.弁護士からの贈り物

当会の顧問弁護士から会員の先生向けにリスクマネジメントに
関するワンポイントアドバイス(A4/2枚)を定期的に
発信しており、高い評価を頂いております。
噛み砕いた平易な内容はスタッフの皆様にもお読み頂けます。
バックナンバーを含めますと貴重なアドバイス集と
なっておりますので、ご活用ください。

テーマ例

「応召義務」「混合診療について」「指導と弁護士帯同」
「継続的治療における治療費を巡るトラブル」
「カルテの開示」「テナント契約に関するよくある
トラブルについての留意点」「身体障害者補助犬の受入」
「消費生活センターの役割」「認知症患者への対応」
「防犯カメラ設置に関する留意点」
「HPの著作権侵害について」
「不合理な治療を要求する患者への対応について」等

 

3.経営相談

経営に関するセカンドオピニオンが欲しい、法的な面での見解が欲しい等、
院長先生が回答を求めたいことがある場合、
共済会事務局へまずは電話を頂きたいと思います。
顧問弁護士を始め、社会保険労務士や税理士等と連携し、
専門家デスク機能を果たし、会員の先生方のお役に立ちたいと思っております。
年々相談件数も増加し、運営実績11年の頼れる存在になっています。

 相談例
※未払い治療の回収について相談したい。
※従業員の労務問題について相談したい。
※不動産賃貸契約について更新前に一度内容を見て欲しい。
※インターネットで誹謗中傷されている、対応策について相談したい。

 

共済会顧問弁護士

我々歯科リスクマネジメント共済会の弁護士が対応させて頂いた事案を通じて思うことは、対患者問題の早期解決を図る仕組みを具備されることが医院のみならず患者様にとっても非常に有意義であるということです。
審美分野やいわゆる言いがかり案件等でも、我々弁護士の関与によって、
先生方の先進的な負担が軽減されることも多いと思います。
昨今では予防的な視点で、ご相談を受けることも増えてまいりました。
弁護士が入ることが必ずしもベストシナリオではないこともありますが、
歯科医師兼弁護士も含めたプロフェッショナルなサポート体制が身近にあることで、
先生方が安心して治療に専念できる環境が整い、ひいてはそれが患者様のためになれば、顧問弁護士として本望です。

顧問弁護士一同

共済会 顧問弁護士

・ 岡田 修一 弁護士

所属事務所 : 清澄通り法律事務所

出身大学 : 同志社大学

取扱分野 : 歯科医療紛争全般、契約法一般、金銭貸借、不動産取引、借地/借家、欠陥住宅、交通事故、製造物責任、詐欺商法、労働条件、企業倒産/整理等

・ 柳楽 久司 弁護士

所属事務所 : 銀座ライツ法律事務所

出身大学 :東京大学

取扱分野 :歯科医療紛争全般、商取引・契約法、会社運営/中小企業、経営再建支援、民事/商事訴訟、事故損害賠償、特許・実用新案・意匠、相続、離婚、刑事弁護等

・ 河本 智子 弁護士

所属事務所 : 東京中央総合法律事務所

出身大学 :慶應義塾大学

取扱分野 : 歯科医療紛争全般、企業法務全般、フランチャイズ契約、不動産取引、医療訴訟、損害賠償請求、遺産相続、交通事故、著作・知的財産権事件等

・ 清水 敏 弁護士

所属事務所 : ひかり総合法律事務所

出身大学 :横浜国立大学

取扱分野 :歯科医療紛争全般、企業法務(事業再編、人事労務、企業再生、民事介入暴力、就業規則の改訂,各種取引契約書の作成など一般民事法務(不動産、破産管財業務、損害賠償、離婚,遺産分割など)

・ 宮部 剛弁護士(宮城)

所属事務所 : 仙台あさひ法律事務所

出身大学 :早稲田大学

取扱分野 :歯科医療紛争全般、企業法務全般、労使間紛争、経営権紛争、その他中小企業が事業活動において接する紛争全般、遺産相続、交通事故、離婚、再生・破産、刑事事件等

・ 村上 将門弁護士(熊本)

所属事務所 : 熊本シティ法律事務所

出身大学 :上智大学

取扱分野 :歯科医療紛争全般、医療紛争、企業法務、不動産取引、借地借家、交通事故、遺産相続、破産、離婚、刑事事件等

・ 福間 亙弁護士(岡山)

所属事務所 : 岡山中央法律事務所

出身大学 :京都大学法科大学院

取扱分野 :歯科医療紛争全般、交通事故(被害者側、加害者側) 離婚、婚約破棄、不貞行為、遺言、相続、遺産分割などの相続問題、個人の借金問題(過払金請求、自己破産、個人再生、任意整理)会社の倒産手続、欠陥住宅被害事件

・ 江藤 里恵 弁護士

所属事務所 : 諏訪坂法律事務所

出身大学 :慶應義塾大学

取扱分野 :歯科医療紛争全般、労務関係、不動産取引、借地借家、離婚、遺産相続、交通事故、企業法務等

・ 北村 圭 弁護士

所属事務所 : 出口綜合法律事務所

出身大学 :京都大学

取扱分野 :歯科医療紛争全般、不動産関係法務、一般企業法務、人事・労務関係、相続・事業承継、行政事件、金融商品取引に関するトラブル等

・ 冨田 陽子 弁護士(大阪)

所属事務所 : 弁護士法人 宮﨑綜合法律事務所

出身大学 :京都大学

取扱分野 :歯科医療紛争全般,企業法務全般(契約書作成,意見書作成,訴訟対応,人事労務,民事介入暴力等)相続,離婚,交通事故,スポーツ事故,借地借家,不動産取引,法人の債務整理案件(民事再生,破産等),個人の債務整理案件(任意整理,破産,民事再生)等

・ 仲元 紹 弁護士(大阪)

所属事務所 : 仲元紹綜合法律事務所

出身大学 :中央大学

取扱分野 :歯科医療紛争全般、契約法 スポーツエンターテインメント法 会社法務 一般民事等

・ 富永 孝太朗弁護士(福岡)

所属事務所 : 青翠法律事務所

出身大学 :早稲田大学

取扱分野 :歯科医療紛争全般、企業法務(労務一般、債権管理、建築紛争、民事介入暴力、各種取引契約書の作成など)、一般民事(交通事故、不動産取引、損害賠償、離婚、遺産分割など)及び破産民事再生(破産管財を含む)

・ 舟木 一弘 弁護士(大阪)

所属事務所 : 梅田セントラル法律事務所

出身大学 :関西大学

取扱分野 :歯科医療紛争全般、企業法務(労務管理、労働事件、労災案件、団体交渉対応、債権回収、各種契約書作成など)、民事介入暴力、不動産関連事件、建築紛争、交通事故、相続・離婚等の家事事件、債務整理、刑事事件等

・ 秋山 一弘 弁護士

所属事務所 : 秋法律事務所

出身大学 :早稲田大学

取扱分野 :歯科医療紛争全般、不動産関係法務、一般企業法務、人事・労務関係、相続・事業承継、行政事件、金融商品取引に関するトラブル等

・ 澤井 康生 弁護士

所属事務所 : 秋法律事務所

出身大学 :早稲田大学

取扱分野 :歯科医療紛争全般、不動産関係法務、一般企業法務、人事・労務関係、相続・事業承継、行政事件、金融商品取引に関するトラブル 交通事故 企業法務 離婚等

共済会顧問弁護士に聞く

●歯科領域でのトラブル増加傾向を  どのように見ているか?

国民生活センターの統計によれば(右下図)、2012年度 の歯科に関する相談件数は3,194件 で、2004年度(1,231件) の2倍以上となっていて、その伸び率は医療分野全体の伸び率よりも高くなっています。 昨今、歯科医院の経営を取り巻く環境は厳しさを増しており、近医との差別化を図ろうとして自分の技術以上の治療を行いリカバリーができなくなるようなケースも散見されます。 治療技術の未熟さや不注意から生ずる医療事故だけでなく、患者とのコミュニケーションの行き違いがトラブルに発展するケースも増えているように感じます。患者サイドから 見ると、インターネット上に溢れる様々な情報を事前に収集して治療に臨むために治療に対する期待値が高まりやすく、そのため治療の出来映えに対するクレームが発生しやすくなっているという面もあるでしょう。加えて、消費生活センターや弁護士等へのアクセスも容易になっているという社会環境の変化も見逃せない要素だと思います。
インプラント治療で言えば、①インプラント埋入時の神経損傷、②インプラント体の動揺や脱落、③インプラント周囲炎などを巡るトラブルが多いようです。

●歯科医療でのトラブルにはどのような特徴があるか?

歯科領域の紛争の特徴として、「説明義務違反」が争われることが非常に多いということが挙げられます。
これは、歯科では治療方法の選択肢が多様であることや、修復物の色などが顔の外貌に影響することなど、患者の自己決定に関する要素が強く介在するためです。内容別相談件数(右下図)を見ても、「接客対応」や「契約・解約」など、治療行為そのものではなくその周辺部分に起因したトラブルもかなりの割合を占めていますので、先生方にはこうした経営者的視点からもトラブル予防策をお考えいただきたいと思います。

●弁護士が身近にいることのメリットとは?

弁護士は「起きてしまったトラブルを解決するための専門家」と思われがちですが、それだけではありません。トラブルを未然に防ぐ「予防法務」の提供によって、より先生方に安心感をもって治療に専念していただけると思います。
また、トラブルが起こりそうな場合や、既に起こってしまった場合でも、その芽が小さいうちから弁護士に相談することで、紛争の拡大を防止できる可能性が高まります。「これ、どうしたらいいんだろう?」と思ったときに気軽に相談できる弁護士が身近にいるのといないのとでは、経営の安心感は大きく違ってくるでしょう。

●患者クレームを未然に防ぐには?

やはりインフォームド・コンセントの充実が要諦でしょうね。限られた時間の中で多くの患者を診なければならない先生方にとって、理屈では分かっていてもなかなか実践が追いつかないという話もよくお聞きします。
しかし、大きなクレーム事案を遡ると、治療初期のインフォームド・コンセントに問題があったという事案が多いというのも事実です。
限られたマンパワーと時間の中でどのようにインフォームド・コンセントを徹底するか、「仕組み」を考えることが大切だと思います。

●クレーム事案や裁判事例から・・・

法律家の立場から申し上げますと、リスクマネジメントのためには、①日頃からの証拠の確保、②トラブル発生時の初期対応、③アフターフォロー、この3つが重要です。 事前に治療方針や治療内容を丁寧に説明しておくことで、紛争のリスクそのものを低減させることができますが、万が一訴訟になった場合にそれを「証拠」として提出できるように備えておかなければなりません。
また、クレーム発生時はとにかく初動が肝心です。初期対応を誤ると紛争が一気に拡大したり長期化したりする危険が高まります。
さらに、クレームの程度や質にもよりますが、真摯な姿勢でのアフターフォローが重要なのは言うまでもありません。

歯科リスクマネジメント共済会掲載記事

歯科リスクマネジメント共済会掲載記事

  • (※クリックすると拡大されます。)
  • ● 日本歯科新聞 2015年2月17日号に掲載されました。
日本歯科新聞 2015年2月17日号 日本歯科新聞 2015年2月17日号
  • ● デンタルダイヤモンド増刊号「人もお金もついてくる歯科医院の経営判断
デンタルダイヤモンド 別冊「人もお金もついてくる歯科医院の経営判断」
  • ● フジサンケイ ビジネスアイ 2013年6月13日
フジサンケイ ビジネスアイ 2013年6月13日
  • ● インプラントジャーナル 2012年 51 秋号
       特集 「インプラントリスクマネージメント」
inplant journal 201251

ご加入に必要な費用|共済会費

会費について

共済会費は施設内全員の賠償責任補償と経営応援プログラムの費用を含んでいますので経済的です。

会費は歯科医師数によって決まっています。

衛生士他全スタッフを無記名で歯科医師同様に補償します。

 共済会入会金(一医療施設につき) 30,000円 
歯科医師数(常勤・非常勤) 共済会費(月額)
1~5名 16,000円
6~10名 18,000円
11~15名 24,000円
16~20名 30,000円

・共済会費のお払い込みは口座振替月払です。・共済期間は、1年間です。 ・退会時、共済会入会金の返還はありません。
 

月会費内で提供されるサービス

1.医療賠償補償/施設賠償補償関係

トラブル懸念時の所為段階から事案解決までの一切(示談等解決金を含みます)

 共済会員の先生には、気軽な初期相談体制を大変ご評価頂いております。

2.医院経営に関する案件(従業員トラブル、不動産契約等)

1案件/2時間程度 電話によるアクセス

 社労士、税理士等の専門家デスクも用意されています。

弁護士へのアクセスパターン


■ トラブル発生前のアクセス(共済会ならではの仕組です)

3年通院の男性患者(40代)が受付にて不満を言って帰宅。
トラブルに発展しそうな感触だったので、翌日、状況確認の上、共済会事務局へ電話。
共済会事務局にて状況ヒアリング。次回来院時の対応方針について弁護士見解も欲しいとのことで、院長と弁護士との間で意見交換をする。トラブルに発展した場合のシナリオメーキングも行った。


■ トラブル発生後 1

person2

患者とのトラブル処理対応をしていたが、解決への自信がないと判断し、共済会事務局に連絡。
共済会顧問弁護士とのやり取りを経たうえで、もう一度院長が弁護士と話し合った内容にて患者と対応。その結果、時間がかかったが円満に解決。


■ トラブル発生後 2

患者とのクレーム処理がこじれ、対応不可能。患者は法的手段も辞さないとの意思表示。
この段階で事務局へ第一報。早速、共済会顧問弁護士へアクセスし、正式事案として弁護士が受任。先方へ書面にて通知。患者からの窓口が顧問弁護士に変更となり、治療に専念できる。

9つの安心の仕組み

補償制度-医院を守る「9つのあんしんの仕組み」

・・共済制度ならではのキメの細かい対応が先生方に安心して治療に専念できる環境を提供します。

迅速で確かな事案対応実績・・3年の運営実績で高い評価を頂いております。

1.事務局コールデスク/会員専用「専門家デスク」

※ 些細な事でも電話1本、状況をお聞かせ下さい。

2.事案解決への迅速かつ親身なアクション

※ 共済会顧問弁護士へのアクセス

※ 事故等の懸念や不安に思われる段階から、共済会事務局へ相談できます。

3.共済金支払 (→特長5)

※ 弁護士費用及び各種法的手続き費用
※ 被害者への賠償金 等

person2

幅広い範囲の補償 [最大1億5000万円(1事故)]既存の歯科医師賠償責任保険に加え、次の特長があります。

4.院長先生のご加入で、非常勤を含む歯科医師全員と歯科衛生士等スタッフ全員を補償で経済的

5.美容分野の補償、クレームレベル事案への対応、補償

6.最大1億5000万円の補償 (2015年4月1日~)

補償内容(共済金額)・・・詳細はお問い合わせください。

ご加入に必要な費用・会費はこちらより

※1 共済金支払限度額のうち10,000万円までの支払いは民間保険会社が全額補完 
※2 共済金支払限度額のうち30,000万円までの支払いは民間保険会社が全額補完 
※3 施設賠償責任共済金の支払いは民間保険会社が全額補完

経営応援プログラム

7.治療説明書・同意書のダウンロード 

会員様専用サイトよりダウンロード

8.経営相談

8.歯科経営にお役に立つ協賛企業紹介

会員様専用サイトにてご覧いただけます

image002

会員マイページ

フリーダイヤル

アクセス

印刷


〒101-0053
東京都千代田区神田美土代町9番地 日経タイプビル2階

TEL 03-5280-7095
FAX 03-5280-7096

アポイントメント申込   FAQ   仮申込みフォーム